映画「20世紀少年」ファンサイトは、2008年8月から3部作で公開された映画「20世紀少年」の情報サイトです
映画「20世紀少年」ファンサイト

映画【20世紀少年】公開情報
第1章・・・・2008年8月30日公開(公開終了)
第2章・・・・2009年1月31日公開(公開終了)
第3章・・・・2009年8月29日公開(現在公開中)

20世紀少年とは
ストーリー
登場人物
楽曲情報
Q&A
掲示板
クイズ
人気投票
リンク集
コミック版 20世紀少年
原作者紹介

ストーリー紹介

TOP > ストーリー
1969年

 東名高速道路が全線開通し、サザエさんの放送が開始され、人類が初めて月に降り立った1969年。翌年に大阪万博開催を控え、日本中が輝く未来に胸を膨らませていた。

 その夏、小学生のケンヂは、同級生のオッチョ・マルオ・ヨシツネ・モンチャン・ドンキー・ユキジ・フクベエといった仲間たちと空き地の原っぱに秘密基地を作った。彼らの秘密の遊びのひとつ【よげんの書】には、悪の組織が世界制服&人類滅亡計画を立て、それを阻止するために立ち上がる正義の味方など・・・空想の数々が描かれ、彼らをワクワクさせるのであった。

1997年

 ケンヂは中学生の頃からの目指していた【ロックスターになる】という夢を諦め、コンビニチェーン店の経営をしながら、失踪した姉のキリコの娘・カンナの面倒を見ていた。しかし、そんな冴えないケンヂの日常が、お得意先・敷島一家の謎の失踪、同級生ドンキーの死をきっかけに、にわかに騒がしくなってくる。

 巷では【ともだち】と呼ばれる教祖と、彼が率いる謎の教団が出現し、上記のような怪しい事件が次々と起こりだした。そしてその事件が、かつて自分たちが子供の頃に作った【よげんの書】とそっくりなことが分かり、ケンヂたちは驚愕する。

・事件は【ともだち】の仕業なのか?
・【ともだち】は本当に世界を滅ぼそうとしているのか?
・【ともだち】の正体は原っぱで一緒に遊んだ仲間のうちの誰かなのか?

 一方、未来を予言する特異な能力を持つ謎の老人・神様は、ケンヂが人類滅亡に関係すると言い放つ。【よげんの書】に記した数々の事件が現実のものとなっていく中、ケンヂたちは計画を阻止するために立ち上がった。しかし逆に、【ともだち】とその一派によって、ケンヂたちはテロリストの汚名を着せられてしまう。

2000年12月31日

 【よげんの書】に書かれた、人類が滅亡する日。東京都千代田区の再開発地域から謎の巨大物体が現れ、新宿方面に移動していく。この物体の移動によるビルの倒壊で、都内数ヶ所に火災が発生し、死傷者が多数出ている模様。これに伴い周辺道路は完全に封鎖され、厳戒態勢が取られた。

 巨大物体は断続的に霧状の液体を散布しながら、ズーン・・・ズーン・・・と恐ろしい地鳴りとともに移動を続ける。周囲の人々が次々に倒れていく様子から、散布されている液体は1997年にサンフランシスコ、ロンドンで多数の犠牲者を出した病原菌と同型のものか?!

 果たして21世紀は来るのか?東京の・・・世界の運命は?!

△上に戻る ▲TOPに戻る

サイト案内 - リンクの方法 - 運営者情報 - お問い合わせ(メール送信フォーム)

Copyright (C) 映画「20世紀少年」ファンサイト All Rights Reserved.